筋トレというと、「マッチョ」や「ムキムキ」といったイメージで、女性では敬遠する人もいるのではないでしょうか。

ですが、実際は女性が筋トレをしてもマッチョになったり、ムキムキになるということはまずありません。

よほどのハードな食事制限と、ボディビルダー並みのハードなトレーニングをしてもなかなか女性がマッチョになるということはないんです。そして筋トレにより、体が太くなるということも、まず普通のトレーニングではありえません。

逆に、筋トレはダイエットや美しい体型を維持するためには、女性にも必要不可欠なものなのです。

筋肉は、使わない部位や年齢により衰えてきます。衰えた部位は、筋肉が減少することにより、基礎代謝が減り、脂肪がつきやすい体となります。見た目も張りのない、たるみのある体型になりがちです。

わかりやすく言うと、締まっていないぷよぷよとした体型を作ることになるのです。

有酸素運動もダイエットには必要ですが、基盤となる筋肉を増やすことにより、基礎代謝量を増やし、太りにくい体にします。

そして、筋肉量が増えることにより、筋肉の周りにある脂肪を優先的に燃やすことになり、ついた脂肪を筋肉に替えることができます。

運動を久々にすると筋肉痛が起こることがありますが、実は筋肉痛はカロリー消費や筋肉量の増加にはとてもよいことなのです。

自分の現在持っている筋肉に対し、負荷をかけて使用したことになり、その筋肉痛を回復させるために体が新陳代謝を高めるように動き、カロリーを消費するのです。

ですので、筋トレをした際には、翌日に筋肉痛を起こすような負荷を設定してすれば、ダイエットや筋肉増加に効果があるのです。

効果的なのはダンベルやチューブを使った、初心者の女性でも行いやすい基本的な筋トレです。

また、筋肉痛が起こった際は、体に疲労物質がたまりますので、体重が一時的に増えます。
数日たつと元に戻りますので、筋トレをして太ったわけではありません。

また、筋肉は脂肪よりも重いので、筋トレを続けることにより体重が増加することもありますが、これは一時的なものですので、続けていれば体重も落ちてきます。

そして何よりも見た目で体が引き締まってきますので、綺麗な体型を作り出すことができるのです。

ただ痩せただけのボディはメリハリもなく、女性としての魅力にも欠けがちですね。ですが、筋トレによりメリハリのあるボディを手に入れ、魅力的な体へと挑戦してみてはいかがでしょうか?