BCAAはアスリートの多くが利用する筋肉サプリメント

ウェイトトレーニングをはじめとして、スポーツをしている人の栄養補給としてよく名前が挙がる物質にBCAAというものがあります。

いろいろな健康食品などにも添加されているので、知らないうちに摂取している、というケースもよくある物質ですが、ここで一度、BCAAとは一体何なのか?という点について、基本的な情報を解説していきたいと思います。

BCAAとは何なのか?

BCAA 筋肉サプリ
人間の体を構成する栄養素の中で、アミノ酸はとても重要な役目を果たしていますが、アミノ酸は人体で合成できず、外部から摂取するしかない必須アミノ酸と、人体で作り出すことができる非必須アミノ酸の二つに分類することができます。

そして、BCAAは人体で合成できない必須アミノ酸のうちのバリン・ロイシン・イソロイシンの3種類の分岐鎖アミノ酸のことを指します。

なお、BCAAは筋肉中のタンパク質に含まれる必須アミノ酸の35%を占めています。

BCAAが人間の身体にもたらす効果として挙げられるのは、筋肉増強、疲労軽減、筋肉組織の修復、集中力持続、エネルギー源といった具合に、さまざまな作用を期待することができます。

BCAAの効果的な摂取法とは?

では、BCAAはどうやって摂取すればいいのかというと、実はBCAAは、肉、魚、米、豆類をはじめとしてさまざまな食品にも含まれています。また、ほとんどのプロテインにもBCAAは含まれています。

しかし、激しい運動を常時行っているアスリートの場合、その疲労を回復させるために食品からBCAAを摂取した場合、無駄な脂肪や糖分も一緒に摂ってしまうことになります。

そこで、BCAAだけを摂取したい場合に、BCAAサプリメントを飲めば、大量の食品を摂取する必要もないので、肥満などの防止につながります。

BCAAを飲むタイミングとしては、BCAAはとても吸収が早いので、トレーニングの30分前に摂取します。量は5gから10g程度が適量となっています。

そして、トレーニングの終了後も同じく5gから10g摂取することで、筋肉の疲労を抑制することができます。

また、トレーニングが数時間に及ぶ場合、途中でBCAAを摂取すると、より効果的な結果を期待することができます。

BCAAに副作用はあるのか?

筋肉サプリ 副作用
BCAAは多くの食品に含まれている成分なので、副作用は特にありませんが、大量に摂取した場合、肝臓や腎臓に負担をかけてしまうことがあります。

これは、BCAAに限らず、どのアミノ酸でも過剰摂取すると、同じように臓器に負担をかけるリスクがあります。

ですから、BCAAは一日30g程度の摂取量を守ることが、身体に負担をかけず、理想的な効果を導き出すための方法となります。